よつばの杜クリニック|トップページ

よつばの杜ブログ

「タダイマ!」の取材を受けました

2021年7月17日 

皆さま、こんにちは!

美容セラピストのK田です。

 

早速ですが、院長の伊藤医師が

「タダイマ!」(RKB毎日放送)

取材を受けました~!

タダイマ取材②

「夏の紫外線対策について」

語らせて頂いてます。

 

日焼け止めの正しい分量や

塗り方ってご存知ですか?

 

そんなお話も

実演を交えながらお伝えします。

タダイマ取材⓵

7月20日(火)18:15〜の

放送の中での予定です。

ぜひご覧下さいませ。

 

いよいよ、来週からは

オリンピック開幕ですね!

TVの前から動かず、ますます

お家時間は増えそうですが、

外に出る時は

必ず日焼け対策を念入りに☆

 

美容セラピスト K田

 

コロナ禍でも健やかなお肌をたもつために 講演

2021年7月13日 

皆様こんにちは。

ドクターSです。

 

先日、

NPO法人ウィッグリングジャパン主催の

「第106回 カフェで学ぼうがんのこと」で

”コロナ禍でも(ポストコロナでも)

健やかなお肌を保つために”

と題して講演を行いました。

8F317653-4884-4482-940C-27847698FB48

 

NPO法人ウィッグリングジャパン

女性がん患者の方を対象に、

元患者の方などから

不要なウィッグを提供してもらい、

現患者の方へ提供する

「ウィッグが勇気のバトン」となる活動を

行っています。

ウィッグの活動の他、医療セミナーを通じた

ヘルスケアと医療に関する情報提供など

活動の範囲は年々多岐におよび、

様々な形でがんと闘う女性をサポートし、

病気になっても

不安が少ない社会の実現のため

活動を行っているNPO法人です。

 

がんに関する正しい情報を

リラックスした雰囲気で

勉強するこの催しは

今回で106回目を迎え,

来場形式と

配信形式のハイブリッド方式で

開催されました。

995A3302-A58B-4A8F-A2FF-A5E6626786D8

まずは、ミニワークショップとして

インストラクターの方の指導のもと、

マインドフルネスヨガ を皆で行いました。

58098F29-1485-45B7-98E4-ACEC9669FC9D

 

そして、私の講演では

皮膚がんの種類や紫外線との関係、

健やかなお肌、そして

美肌を保ためには紫外線ケアと

保湿ケアが必須であることを

お話ししました。

89DAC4C2-3F1A-4CD9-ACB1-DA46402B2FB7

また、コロナウイルス対策で

マスク着用を励行する状況下で

ご相談が多い、マスクによる肌荒れや

アルコール消毒や頻回な手洗いによる

手荒れについてのお話も

させて頂きました。

12D8415D-F41A-46F5-A228-FDB5F3A5F80C

来場された方、配信で聴いて頂く方、

感染対策を行いつつ

皆様和気あいあいとした雰囲気で

楽しくお話できました。

 

健やかなお肌を保つためには

紫外線ケアと

正しく洗って正しく保湿することは

年代 性別を問わず大切です。

 

今後も皆様に楽しくわかりやすく

お伝えしていきたいと思います。

ドクターS

七夕飾りを設置しました

2021年7月2日 

皆さま、こんにちは!

事務主任のS水です。

 

2021年も半年が過ぎた実感がないですが、

気が付くともう七夕…

患者様に季節を感じて頂ければと、

こちらの笹をご用意させて頂きました!

七夕

まずはスタッフから、

個性あふれる?!お願い事を

飾らせて頂きましたよ^^

 

今年の七夕もあいにくの雨予報(70%)。

近年雨続きなので、

おりひめとひこぼしが逢えるか、

個人的に気を揉んでおります(涙)

 

受付に短冊を用意しておりますので、

皆さま、ぜひご記入下さいね☆

 

事務主任 S水

感染対策継続中…

2021年4月27日 

皆さま、こんにちは!

事務スタッフのF野です。

 

朝晩や室内、室外の気温差の

大きい日が続いていますが、

皆さま体調はいかがですか?

 

福岡県も新型コロナウイルスの感染が

再び広がってきており、

油断できない状況ですね(汗)

 

当院の待合室では

アンパンマンシリーズの

ぬいぐるみ達が

患者様をお迎えしておりますが、

63433F73-FC85-4787-96F9-D9FE2764D6B9 F8A5B7D0-6965-46F9-93A0-7BA1C68AE831

92B58B8F-F79D-43DF-86D5-70C970CD3A06

このぬいぐるみ達も

定期的に洗濯、天日干しを行い、

感染対策を行っています。

 

お洗濯され天日干し中の

メインキャラクター達…

2CE2DE3F-6C7F-43E6-828A-DDEE757163EE

 

1日も早く新型コロナウイルスの

流行が収束する事を願って…

アンパーーーーンチ!!!

 

事務スタッフ F野

 

 

 

看板が新たに設置されました♪

2021年3月23日 

皆さま、こんにちは!

事務スタッフのF野です。

 

来院される患者様の装いも

軽やかになってきた

今日この頃。

今週末には桜も満開でしょうね🌸

 

さてさて、

本日はちょっとした

お知らせなのですが、

当ビル4Fに、

よつばの杜クリニックの

新たな看板が

設置されました!!

 

新看板

んっ!?

お隣のレンタカー店の看板が

目立ってしまってるので

寄ってみまーす!

新看板2

夜にはライトアップもされます!

新看板3

電車の中からもよく見えそう!

お近くを通られる際は、

ぜひ見つけてやって下さいね^^

 

事務スタッフ・F野

 

 

 

理学療法士との取組み

2021年1月27日 

皆さまこんにちは。

ドクターMです。

 

先日、

原土井病院リハビリテーション部の

研修会に参加しました。

2020年1月から取り組んでいる、

当院における理学療法士との連携について

お話させていただきました。

 

なぜ皮膚科でフットケア?

なぜ皮膚科クリニックで理学療法士?

 

その始まりは、

糖尿病で足を切断しなければならない方を

救いたいということ。

 

糖尿病の合併症、神経障害や血流障害で

足に傷ができると、治すのがたいへん。

だから予防して

足に傷ができないようにしましょう。

 

そこから始まったフットケアですが、

よつばの杜クリニックでは、

糖尿病ではないけれど足のトラブルで

来院される方がたくさんおられます。

 

足のトラブルで多いのは、

ウオノメ・タコ、巻き爪や陥入爪。

これらは皮膚科領域の疾患ですが、

皮膚だけ、爪だけをみていても

解決しないことが多いのです。

足の変形や足の機能的な問題が

大きく関わっています。

D6A4E73F-4B58-41C2-B2AE-90D316A260E4

 

そこで、理学療法士の出番です。

歩き方や関節可動域、

筋力など足の評価をして、

今抱えている皮膚や爪のトラブルの

そもそもの原因にアプローチしていきます。

 

なぜウオノメやタコができるのか

なぜ陥入爪がいつまでも治らないのか

なぜ巻き爪になるのか

改善していくためには何が必要なのか

靴やインソールのお話や、

どんな運動(ストレッチや筋トレ)を

したらよいのか

皮膚科医の専門を超えた

アプローチが必要なのです。

 

私は、

2020年12月に横浜で行われた

第1回日本フットケア足病医学会

「足の創傷治療におけるReunion」

というテーマのシンポジウムで

「皮膚科クリニックにおける多職種連携」

というタイトルで

発表する機会をいただきました。

96537FD8-4052-4FF7-A6CB-FA8ABBC13D60

学会にて:下北沢病院整形外科 K先生と

 

382CD6AC-BF71-44AC-AFED-AA18D5528C7A

学会にて:大分岡病院形成外科 F先生、M先生と

 

歳を重ねてもいつまでも自分の足で歩いて

自分らしく生きてほしい…

それを実現するために、

医師や看護師だけでなく、

理学療法士、義肢装具士、

フットウェアの専門家、

運動療法士と連携した取り組み…

 

患者さまや地域に寄り添った医療を

提供していけるよう

2021年も

地道に取り組んでいきます。

ドクターM

 

今週のKBCテレビ「とっても健康らんど」に出演します!

2021年1月13日 

皆さま、こんにちは。

セラピストのK田です。

 

先週末からの雪…

福岡市内も結構降り続き

個人的には久々に痺れました(汗)

皆さまのお住まいの地域は

大丈夫でしたか?

 

積雪を乗り越え新しい週が始まり、

なんと、なんと!

今週末の

「とっても健康らんど」(九州朝日放送)に

ドクターSこと、

院長の伊藤が

出演することになりました!!(拍手)

 

とっても健康らんど 2021

(平田尚子アナウンサー、

透明感があって声も綺麗だったな~♡)

 

テーマは「乾燥肌」です。

例年、この季節は

肌が乾燥しやすくなりますが、

コロナの影響により、

毎日数えきれないほど

手指消毒の機会が

ありますよね(涙)

 

そんな環境も重なり、

手の乾燥に悩む方が急増中なのです!

 

ドクターSからは、

乾燥を防ぐため、手洗いの際

注意して頂きたいことや

ハンドクリームの塗り方、

マスクによる肌荒れを

防ぐためのポイントetc…

盛りだくさんで

お伝え致しまーす^^

 

1/16(土)10:00~

KBC九州朝日放送

「とっても健康らんど」

是非ご覧くださいね(^_-)

 

セラピスト K田

 

 

 

祝・開院5周年!

2020年12月23日 

皆さま、こんにちは!

セラピストのK田です。

 

去る12月17日、

よつばの杜クリニックは

開院5周年を迎える事が

できました!!(感動!)

これもひとえに、

ご利用頂いている患者様あってのこと。

この場を借りて厚く御礼申し上げます。

 

これからも安心して相談頂ける

皮膚科・美容皮膚科を目指し

ドクター&スタッフ一同努めて参ります。

 

5周年記念

どうぞこれからも、

宜しくお願い申し上げます。

セラピスト K田

 

すご腕ドクター訪問!!

2020年12月15日 

みなさま、こんにちは。

ドクターMです。

 

先日、

福岡和白病院循環器科の I先生が

年末のご挨拶に

お越しくださいました。

BD3FD1CE-7149-4AFF-8A7F-010E3CC1CCD1

足の血流が悪いと、

靴ずれから傷になったり、

その傷が治らなかったりして、

切断に至ってしまうことがあります。

そうならないように、私共は

足の血流には気を配って

診療をしています。

 

ん?血流が悪い?と疑う場合、

I先生にご紹介させていただくことが

多いです。

 

I先生は足の細い血管も

広げてくれるだけでなく、

足の傷の治療もご自分でできてしまう

すご腕ドクターなんです !!

 

血管を診るドクターの

傷への理解が深いと、

血行再建の時期が適切となり、

創傷治癒により導くことができます。

 

どうしても切断しなければ

ならない状態になったとしても、

最小限の切断ですみます。

 

当院には、I先生から

装具・インソールの作製や、

定期的なフットケアの依頼を

いただいています。

 

しっかりとコミュニケーションが

とれた上で連携できることは、

とてもありがたいことです!!

 

これからも頼り頼られる良い関係で、

地域の足を守っていきたいと思います。

 

ドクターM

元気100倶楽部 11月例会 にて講演を行いました

2020年11月24日 

皆さまこんにちは。

ドクターMです。

先日

元気100倶楽部11月例会にて

「足のアンチエイジング

~元気に歩いて100歳!~」

というタイトルで

講演を行ってまいりました。

 

会場は

九大医学部百年講堂、中ホールです。

席の間隔をあけて、

約70名の参加でした。

 

9月のブログにも書きましたが、

この元気100倶楽部は、

原土井病院理事長原寛先生が

設立された市民団体です。

 

2017年に亡くなられた

日野原重明先生

(聖路加国際病院名誉院長)が

2000年に立ち上げた

「新老人の会」

の流れを汲んでいます。

62C74FEA-A8BB-4B8A-AB42-6C0B4B79A7C9

 

今回はまず、

御年88歳の原寛先生のご講演

「私が実践する元気で

長生きする方法」

 

代々黒田藩医を務めてこられた

原家の歴史、

半世紀かけて地域医療・

高齢者医療に

取り組んできた

原土井病院の歴史、

 

日本の高齢者の現状を踏まえて

取り組むべき健康法を

具体的にお話されました。

 

日野原先生の教えと、

貝原益軒の「養生訓」を融合して、

原寛先生が提唱されている

「現代養生学」

をベースとした健康法

 

腹八分、

食事内容(蛋白質やビタミン多め、

糖質控えめ)、

じっとしてないこと、

しっかり眠ること

 

当たり前のようで

実践し続けるのは難しいことです。

 

56A5C2A0-036A-4248-B921-01407516177B

 

さらりとスクワットをしながら

「とにかく体を動かすこと、

特に足の筋肉を使うこと、

そのためには足が大切です」

と原先生からバトンをいただき、

私の講演に入りました。

 

1F9692AC-74C5-471D-82C1-8D6FAF8EF30D

 

9月例会では

「足のスキンケア」が

メインでした。

 

今回は第2弾として

「足の老化」とその対処法

「足のアンチエイジング」

がテーマです。

 

浮腫(むくみ)や動脈硬化、

筋力低下による足の変形、

関節可動域低下が加わり

足のトラブルにつながることを、

臨床写真を交えながら説明し、

その対処法や予防法について、

皮膚科医の立場からお話しました。

 

皆様熱心に耳を傾けて

いただきました。

 

0E8DB881-39BD-41C3-AFC6-B8E5C73FED84

 

正しいフットセルフケアを行い、

足に合った靴をきちんと履き、

運動していただきたい。

そして、人生100年時代…

最後まで自分の足で歩いて、

自分らしい人生を送っていただきたい。

元気に歩いて100歳!

思いを精一杯伝えてきました。

 

秋晴れの空が気持ち良い

日曜日でした。

 

ドクターM